私と目が合った人、私は確実にあなたのことを見てますよ。

 

きいてください。

 

健ちゃんにファンサもらった。

 

私にとって人生において一位二位を争う衝撃の出来事でした。

 

kerochankenchan.hatenablog.com

 

これの最後に書いた健ちゃんについての積もる話はこのことです。

 

まず席がとんでもない。

私はアリーナの3ブロックだったんですけど、その席はメンステに一番近い、一番前のブロックで、メンステ側(=正面)を向いてると前から9~10列目ぐらいなんですけど、花道側(=右)を向くと前から2列目だったんですよ。めちゃめちゃめちゃめちゃ近い。

私の周りには同担がいなくて(厳密には3つ後ろにはいた)こんなことあるのかよ??????って感じでした。この世の全てが味方した。一緒に行った子は同担なんですけど、二人同時にファンサもらったようなものなのでそこはつっこまないでください。

 

私の席を簡単に図にしました。

f:id:kerochankenchan:20171021163811j:plain

 

オレンジの二重丸が私です。その左横は一緒に行ったお友達。色はそれぞれの担当を表しています。みなさん団扇を持っていたので間違いないです。太い黒丸は担当がいない、もしくは私が忘れてしまったところですが三宅担じゃないのは確かです。

そしてここで一番大事なのが細い黒丸なんですが、ここの二席はなんと最初から最後まで空席でした…。

 

もうこんな席一生ないだろうな・・・

 

私は前日に作った、オレンジの文字で「健」と書いた団扇を、友達は健ちゃんの顔団扇を持って行きました。最初に健ちゃんが花道に来たのは「刹那的Night」の時です。

ここは他のメンバーもお手振りなどせず、かっこよく歩くところなのでファンサはもらえないとわかっていたんですけど…

 

あれ?今こっち見た???

 

って思う瞬間が一瞬だけあって、まあこれは99%痛いオタクの思い込みなんですけど!!!前に読ませていただいたブログが羨ましくて見た幻だったんでしょうか。(別に指もさされてないし普通に歩いていったので私の場合はファンサでもなんでもない)

kyxomg.hatenablog.com

 

あとこの件(?)に関しては最近のラヂオでも言っていたので、かっこいい曲で健ちゃんが近くに来たら目が合ったって思いこんだもん勝ちですよ。私は幸せです。

あとはコレは都度都度言ってますけど、曲の世界観を壊すようなことをあんまりしたくないって思うので、バラード曲と手を振るっていう行為がトゥーマッチだなって思ったら僕はやらないタイプ。僕ははその曲の世界観が壊れるなって思ったら、そういうのやらないし(2017.08.28のラヂオ)

 

そのあと刹那的Night以外のところでも、花道に健ちゃんが来るたびに(目ぇ合ったかないま?!)と思うことが何度かあって。厳密に言えば目が合ったというか、団扇を見てくれていたような気がするんです。健ちゃんは「自分のファンがここにいる」と把握していたんじゃないかと。やかましい?ごめん!!

 

本題はここからです。「本気がいっぱい」で、今までスタンドを回っていたメンバーがメンステに降りてくるんですが、サビの辺りで花道に6人全員やってきます。次のMFTPがセンステなのでそこに移動するためです。

ここしかない。

そう思いました。別にファンサもらえると思ってないし、ファンサもらうためにコンサート来たわけじゃないんだけど、そうなんだけど、もしかしたら・・・って思っちゃう。思っちゃうんだよ。だってめちゃめちゃ近いんだぜ!!!!!!

 

さっきの図を思い出しながら読んでほしいんですけど、向かって左から6人は来ます。

とりあえず友達と二人で「健ちゃーん!」と何回も呼んでみました。イヤモ二してると全く聞こえないらしいんですけどね。団扇は胸の高さより上げないように注意して、ペンライトを持った右手を健ちゃんに向けてずっと降っていました。もうずっと。私の眼にはこのとき三宅健しか映ってません。全員を、6人を間近で見れる大大大ご褒美大会が開催されているけど健ちゃんだけを追い続けるという贅沢さ。それが功を奏したと言うのでしょうか。

 

あ、こっち見た。

 

今までの「目が合った」ときの感覚とは違いました。

これは信じていいやつなのではないかと。

ですがここでなんと

前の人と他のメンバーに遮られて一瞬私は健ちゃんを見失います。

ほんの一瞬だったんですけど焦りました。どこ!?!??!?!ってなってちょっと探したんですよ。馬鹿か!!!!!!!!!6人はセンステに移動する段取りなので私から見て右に歩いていくんですね。だから前の人に隠れる瞬間があって当たり前だしすぐ右にヒョコっと出てきてくれるんですけど。そして今一度見つけた健ちゃんを見て思いました。

 

ここで他のメンバーを追いかけたら終わる。

 

この瞬間、私は会場で思い出しました。

 

僕はトロッコで通り過ぎた後とか見てるから、他のメンバーが次から次へと来るじゃない、それに対してどういうリアクションをしているのかとか見てたりしてるからね。(2017.08.28のラヂオ)

 

ラヂオでの健ちゃんの言葉です。

三宅健というアイドルは、私が今まで見てきたアイドルの中で一番ファンのことを見ているアイドルです。健ちゃんは、自分のことを追い続けてくれればそれに必ず応えるという心意気でアイドルをやってくれているお方です。

 

ずっと俺は言ってきてるよ。

まぁ良いんだそれでも俺の事をずっと好きだって言ってくれてる子達だけ、その子達のケツを持ちますよ。

だからメンタル強くならないとアイドルなんてやってられないんだから。(2015.06.08のラヂオ)

 

 

健ちゃんは自分に一途なファンをとても大切にしてくれていますよね。

このときの私は席にも周りの人にもコンサートの構成にも本当に恵まれていました。

6人全員が一斉に花道に来てくれることなんてなかなかありません。

私は坂本くんも長野くんも井ノ原くんも剛くんも岡田くんも大好きです。これはほんとうのことです。

でも、 私はコンサート中ずっと

三宅健くんのことが一番大好きで、三宅健くんを一番に応援しています」と、持っている団扇と変わることなく送り続ける視線で伝えたかったのです。

 

健ちゃんはもう私より後ろの席(センステ近く)のファンの子たちに手を振っていました。健ちゃんはどんどんセンステの方に歩いて行って、私からはどんどん遠ざかっていきました。それでも私は手を振り続けました。私の目に映るのは一人だけでした。

もう、こっちを見てくれることはやっぱりないかぁ。

さっき目が合ったのは、思い込みじゃないといいなぁ。

そんなことを考えていたら、健ちゃんはセンステに辿り着く前に自分の体の向きを変えました。

 

それは私たちの立っている方向でした。

 

「なんで」と思いました。

でもそれより先に口から出た言葉はあなたの名前でした。(ラブレターか??????)

 

「健ちゃん!」と叫びました。友達も全く同じ思いだったみたいで、二人で健ちゃんのことを呼びました。すると健ちゃんは私たちと目を合わせた後、両方の手で手を振ってくれたのです……

 

あああああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

もうあああああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!しか言えない!!!!!!あああああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!しか言えないんだよ!!!!!!いやもちろん会場であああああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!とは言ってないですけどね!!!!!!!!?!?!?

 

しかも結構長い(大号泣)

 

スローモーションに感じたし、そのとき流れてたはずの「本気がいっぱい」は記憶にありません。人がちゃんと覚えてられる記憶って7秒らしいんですけど、7秒はありました。両手で振ってくれるんで全力で振り返すしかないじゃないですか!でも本当にずっと振っていてくれていたので一瞬(これ私たちじゃなかったらどうしよう)って不安になっちゃってペンライト持ってる右手を少し、すこ~しだけ止めて自分の頭の方に傾けてみたんですよ、そしたらう、うなずいてくれた気がして…(さすがにこれは妄想かもしれない)(けどもう妄想でもいい)

 

そうして健ちゃんはセンステへ走っていきました……。

横の友達と「今のはそうだよね!?」と、顔を見合わせた瞬間興奮を共有したのでもう自分たちにとしか考えられません…。

確信でした。 

MFTPのときは涙が止まりませんでした。ここでデビュー曲くるのずるすぎ………。

健ちゃんが向けてくれた笑顔はとってもとってもとってもかわいくて、今まで見てきたいろんな人の笑顔の中で一番最高にキュートで、誰よりも何よりも美しく格好よかった。

その後何回か花道を健ちゃんが通りましたが、全く見向きもされませんでした。

 名前を呼んで手を振ってみたけど、健ちゃんがこっちを向くことはもうありませんでした。

でもあの「両手振りファンサ」の前に目が合った気がしていたのは、やっぱり自分のファンのいる位置を確認していたからなんじゃないか。つまり思い込みじゃなく本当に私たちの団扇を見てくれていたのかもしれないし、ファンサをくれた後に1回もこっちを見なかったのは、ファンサというコンタクトを健ちゃんが私たちに図ってくれた「証」になるんじゃないか、つまり「君たちにはもうさっき手を振ったからね」と思ってのことなのかもしれない、と、今までの全部がファンサの証拠になったみたいに繋がってうれしくなってしまいました。

 

ついで、みたいな感じじゃない。完璧に目を合わせて、ロックオンしてから丁寧に健ちゃんは手を振ってくれました。

一番の幸せを、二人のファンに健ちゃんはまとめて一気にくれました。

 

MCのときに、「始めてきた人〜?」 と井ノ原くんは聞きました。私たちは二人ともV6のコンサートに来るのは初めて。二人で手を挙げました。岡田くんは会場にいる一見さんたちに「22年間なにやってたの!」と怒ったような声で言いました(もちろん冗談半分です)。

すると健ちゃんは「22年の間に生まれてきたんでしょ」と言いました。

 

私は22年の間に生まれてきたファンです。

健ちゃんの言葉が、たまらなく嬉しかった。

出来ることなら早く生まれて、V6のことをもっと早く知っていたかった。たまにV6のことを昔から応援しているファンの方と、そこにあるV6との絆をみてとても羨ましくなり、そして少し悲しくなります。

早く好きになった方が偉いとか、お金をかけている方が上だとか、そんなことは思わないですが、だからと言って昔からV6のことを支え続けているファンの方と肩を並べるのが正解だとも思っていません。健ちゃんの言葉は、そんな私のような新参者の存在を認めてくれたような気がしました。似たようなことを前から結構言ってくれてはいますが、23年目に突入する今尚22年の間に生まれてきたファンの存在をも大切にしてくれる健ちゃんは、やっぱり世界で一番のアイドルです。

 

こっち側のさっき手を触れなかった子達にも振ってあげなきゃって思うじゃない、そうすると振ってあげなきゃって思う人達は、次来る他のメンバーの方に集中しちゃってて、そっちむいちゃってるから、だから僕と目が合わないんだよ、で、僕はじゃもう結構ですって次に行くから、どうぞどうぞって感じで、だから次の人になっちゃうだけで、僕のことを見てれば、僕の事を一生見てれば絶対に目が合いますよ。(2017.09.18のラヂオ)

 

私の今回のファンサ体験談はこの話を体現していると思いませんか。

私がもし目が合ったあと満足して、例えば他のメンバーを見ていたら健ちゃんはあとで私たちに振ろうと思ってくれていた手を下ろしたままだったかもしれません。

健ちゃんは他のメンバーを見るなとは言っていないのです。

私も坂本くんがアリーナに手を振ってくれたときはうれしくなって振り返しますし、真正面にいる長野くんのことを何秒も見つめて目に焼き付けたりもしました。

むしろ他のメンバーが目の前でサービスしてくれているのに背中を向けるファンは健ちゃんも好ましくないでしょう。そんな話も前にラヂオでしていました。

でも好きな人ともしかしたら目が合うような距離にいるのであれば、一途に見続けるのが一番です。一番に応援する気持ちがあればそれで十分なのです。

 

私の斜め前にいた長野くんの団扇を持ったファンの方は、団扇の表も裏も「博」で、長野くんにお手振りをもらっていました。

一途は強いです。

相手が三宅健くんに限った話ではなく、一途に見続けていれば彼が自分を見てくれるかもしれません。絶対とは言えません。でも可能性は上がるし、たとえ手を振ってくれなくても指をさしてくれなくても「僕の事をずっと見てくれている」と認識してくれることに繋がるでしょう。

「自分の事を一番に応援してくれている」ということが伝わるって、とってもうれしくないですか?

手を振られたとかっていうのはあるのかもしれないですけど、見てるから。手を振れなくたって。見てるよっていう見てるんだからちゃんとこっちの事も見てよって感じです。(2017.08.28のラヂオ)

 

 

人生初めてのファンサが健ちゃんでよかったです。

健ちゃんの言葉を信じて、健ちゃんのことを追いかけ続けてよかったなあ~~~!!!

 

 

 

私は勿論自分のファンの人を優先にコンサート開場では見ています、探しています。

私のファンの人知りませんか?!私のファンの人知りませんか?!

っていう感じで探してます。私と目が合った方々、私は確実にあなたを見てますよ。

 

 

 

 

三宅健のラヂオの日記を残してくれているスタッフさんに一番頭が下がります。

ありがとうございます。重要参考資料です。